更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2013 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 06

【  2013年05月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

PageTop▲

楽園(4)

天空国編

2013.05.02 (Thu)

 「んっ……あぁっ……やぁっ……」揺さぶられて、身体の下で、背をのけ反らすセインをシスルは抱き締める。午後の光が窓から差し込み、執務室の毛足の長い絨毯の上に模様をつけた。セインの肌を滑る汗が日に光る。「いいよ。セイン……すごい……」さらに奥を抉ると、セインの中がぐいぐい自分を締めつける。「あぁぁっ」荒い息と掠れた声がますますシスルを煽る。力の加減はしていないから、物理的な刺激以外からもセインは感じているだろう...全文を読む

PageTop▲

エピローグ(1)

天空国編

2013.05.02 (Thu)

 キリスエールは目の前の屋敷を見つめていた。どれだけそうしていたか自分でもよくわからない。ただ、何も変わらない懐かしい自分の生まれ育った屋敷を見ていた。屋敷の回りの木々は柔らかな薄緑の葉を伸ばし、春の日差しがその若葉に降り注いで輝いている。1年前、ここを旅立った時と同じ光景。何年もそれこそ一生が終わるまで続くと信じていた日常。だが、何もかもが変わってしまった。「行かないのか」微動だにせず、屋敷を見つ...全文を読む

PageTop▲

エピローグ(2)

天空国編

2013.05.02 (Thu)

 「およびでしょうか」きっかり2刻後に書記官がシスルの私室に現れた。その間に入浴と着替えを済ませたシスルは私室のソファに足を組んで腰を下ろし、扉をくぐって入ってくる男を見ていた。紫の瞳が剣呑で昏い光を浮かべているのに、書記官が微かに足を下げた。「僕が怖い?」うっすらと口元に笑みを浮かべて、シスルは訊いた。口調は柔らかいが、ぞくりとするような声音だった。書記官は寒さを感じたのか、腕を反対の手で擦ってい...全文を読む

PageTop▲

あらすじ

平行線の恋

2013.05.03 (Fri)

 奇跡の刻の続編(ここから読んでも問題なしです)想いを確かめ合った輝&聖だったが、聖は相変わらず輝にそっけない。輝の存在に深くとらわれていく自分に納得できないのだ。輝は自分に心開かない聖に、苛立ちを隠せず、想いの強さから聖に酷くしてしまう自分を責めていた。それでも危ういバランスで成り立っ関係ながら、2人は幸せを感じていた。しかし、そこに輝の昔の恋人が現れ……。揺れる聖は、この関係を終わらせようと考える...全文を読む

PageTop▲

掛け違う想い

平行線の恋

2013.05.03 (Fri)

 「ふう。こんな時間か、帰らないと」時計を見てつぶやく。あの人が帰ってくる前に……。言葉を飲み込んで、高郡 聖(たかごおり せい)は立ち上がると、さらりと落ちてきた前髪をかきあげる。くせのない髪はさらりとまた目にかかった。つややかな黒髪に大きな黒い瞳、対して肌は透けるような白色で、きれいに通った鼻筋、形のよい唇という端正な顔立ちは、人目を引く容姿をしている。さらに、瞳の光が強いため、きつい印象を与えて...全文を読む

PageTop▲

覚悟(1)

平行線の恋

2013.05.03 (Fri)

 ...全文を読む

PageTop▲

覚悟(2)

平行線の恋

2013.05.03 (Fri)

 閉じた扉を聖は見ていた。神栖の姿が消えても、扉から目が話せなかった。あんな困った顔をした神栖を見るのは、初めてかもしれない。だが、あれで、謝っているつもりなんだろうか。言葉は相変わらず偉そうだったと、プルタブを引き上げて一気にビールを流し込みながら、聖は閉じた扉に背をむける。神栖が、何を考えているか結局のところ全然わからない。行動も不可解、思考は不明。ましてや自分のことをどう思っているかなんて、想...全文を読む

PageTop▲

奈落

平行線の恋

2013.05.03 (Fri)

 「聖、起きろ」ぴたぴたと頬を叩かれ、聖は薄眼を開けた。日の光が寝室を包み、新しい一日が始まっていることに気づく。「何時?」「もう、7時30分だ。起きないと襲うぞ」何を言っているんだかと、さっくり神栖の言葉を無視して起き上がると聖は支度を始めた。身体が重くてだるい。寝不足特有の鈍い頭痛がする。着替えてリビングに入ると、神栖は涼しい顔で朝食を準備していた。パンの焼けるこうばしい匂いとコーヒーの香りが眠気...全文を読む

PageTop▲

失墜

平行線の恋

2013.05.03 (Fri)

 駅から神栖のマンションまでの通い慣れた道を聖は歩いていく。この2週間一度も通わなかった道にゆっくりと歩を進めた。秋の夕方の空気がまだ夏の熱気の名残をとどめながらゆったりと流れる。気持ちの整理もつかないまま、2週間は過ぎ去った。いまだに答えは出ないが、今はとにかく神栖に会いたかった。会って何が変わるかわからないが、自分の中で回り続ける疑問符には決着がつくだろう。神栖と別れてゆっくり身体を休めて頭が冷え...全文を読む

PageTop▲

答えのない迷路

平行線の恋

2013.05.03 (Fri)

 街のライトが窓の外を流れていく。神栖に助け出され、緊張から解放されると自分が置かれた現実が一気に押し寄せ、聖を打ちのめした。知らずに涙が流れ、景色が歪む。泣くつもりはないのに、安心したからか涙が止まらない。運転する神栖から顔をそむけ、外の景色を目で追っていた。凌辱されたことに対する怒りや悔恨ももちろんあったが、聖の心のうけた衝撃は、『カイトは本気で神栖が好きだ。そして、神栖は自分が興味のない他人は...全文を読む

PageTop▲

平行線の恋

平行線の恋

2013.05.03 (Fri)

 そのまま眠ってしまった聖の傍らで、神栖は煙草に火を点けた。闇に赤い光がともり、ふうという息の音とともに白い煙が立ち上る。重い身体と言いようもない満足感が神栖を満たしていた。自分から俺を求めたのは初めてだと神栖は聖を見下ろして想う。鎧が硬くてプライドが高くて、追い詰めないと欲望に素直にならない聖。手を伸ばし、うつぶせで眠る聖の髪をなでる。指の間をさらさらとした感触が流れて行く。聖は俺に好きだと言わな...全文を読む

PageTop▲

エピローグ

平行線の恋

2013.05.03 (Fri)

 リビングのソファで、聖は神栖の書斎から引っ張り出してきた国家試験用の資料を読んでいた。一日一緒にと言った神栖のセリフに偽りはなく、神栖もまた一日家の中にいて、自分のやりたいことや、やるべきことをしていた。二人で一緒に何かするわけでもなく、同じ空間に居て、ゆっくりと時が流れて行く。時折、神栖が珈琲を入れて聖の前のテーブルにも置いてくれたりする。心安らかな久しぶりの休日。「聖」後ろから声を掛けられて、...全文を読む

PageTop▲

「平行線の恋」載せ換え終了

雑記

2013.05.03 (Fri)

 こんにちは。「奇跡の刻」の続きになる「平行線の恋」を追加しました。こちら、かなり書き直して載せなおしています。といってもあらすじは変わってないし、エピソードも追加なしですが。このシリーズは、両視点で話が進んでいるのですが、昔にかいた時はその視点が混ざりまくって読みにくかったので、そこを直しました。少しは読みやすくなっているといいのですが。GWも半分終わりましたが、書き直したり、新作書いたり、執筆はい...全文を読む

PageTop▲

誤字なおし_5月4日

雑記

2013.05.04 (Sat)

 こんにちは。拍手コメントありがとうございました。誤字指摘もありがとうございます。直しました。読み直したはずなのに、まだまだありますね。すみません。なかなか、自分では見落としてしまうようです。今後も気づいたら教えてくださるとすごくうれしいです。ありがとうございました。面白いと言っていただけることが、執筆の糧になっています。なにかありましたら、拍手ぼたんなりコメントなり、足跡を残していただけると励みに...全文を読む

PageTop▲

あらすじ

神無月

2013.05.05 (Sun)

 山神の花嫁となって7年、泉(せん)は山神の屋敷で山神である翡翠(ひすい)とたった2人で暮らしていた。2人でいるときは寂しくないものの、十月になると山神は神々の集会で出雲に旅立ち、泉は広い屋敷でたった一人で過ごしていた。ある日、竜胆(りんどう)と名乗る神がふらりと屋敷に現れて、翡翠が帰ってくるまで、この屋敷で待つと言う。ことあるごとに口説かれて、さみしさと戦っていた泉は……。切ない系の和風ファンタジーで...全文を読む

PageTop▲

プロローグ

神無月

2013.05.05 (Sun)

 せっせと廊下に雑巾をかける。着物の袖にたすきをかけて、泉(せん)は今日も主の宮を綺麗にすることに精を出していた。たった一人のための宮なのに、ここはやけに広い。神様の宮殿なのだから当然だとは思うが、それでもたった独りで住んでいるのに、こんな広さが必要なんだろうか。余計に寂しい気がする……。泉は立ち上がると腰を伸ばして辺りを見渡した。今は、主と自分の2人だけの宮となったのだけれど。それでもやはり広すぎて...全文を読む

PageTop▲

神無月(1)

神無月

2013.05.05 (Sun)

 時は神無月。一年に一度、出雲へと神々が集合し、会議をする月だ。日本中の神様が出雲へ出向くので、他の地域の神様はみな不在になる。だから神無月(かみなしのつき)。出雲では逆に神有月(かみありづき)と言うらしい。といっても泉には出雲の国がどこなのかもわからない。とても遠いところくらいの認識しかない。生まれてこの方、故郷の山とこの宮だけが泉の世界だから。この山の宮は、山神である翡翠の居城だ。もちろん、人界...全文を読む

PageTop▲

神無月(2)

神無月

2013.05.05 (Sun)

 本格的に泉(せん)は困っていた。目の前の貴人は床の間を背に優雅にお茶を口にしている。何をしていてもやけに様になる相手から泉は視線が外せず、その長くて細い指が茶碗を包むのを見ていた。頭の中は疑問符で一杯で、何から考えていいかもわからない。本来ならこんな指し向かいに座っていてはいけないのだ。相手は自分より上位で、並び立つのも不遜だと思い、入り口の側にそっと控えたら、そんなところにいるなと竜胆に咎められ...全文を読む

PageTop▲

神無月(3)

神無月

2013.05.05 (Sun)

 竜胆は手のかからない客だった。良く出入りしているというのも嘘ではないらしく、勝手に書庫から好きな書物を出してきては、客間で読書をしているか、庭を散策していたりする。さすがに警戒して、2日くらいは泉も竜胆にくっついて歩いていたのだが、竜胆の言葉に嘘がなさそうだということがわかって、いまではすっかりほったらかしだ。泉にもやらなければいけないことがある。今日も天気がいいからか、庭を散策する竜胆の姿が、泉...全文を読む

PageTop▲

山神の花嫁_昔話をアップします

雑記

2013.05.05 (Sun)

 こんばんは。いつも夜中ですが、「山神の花嫁_昔話」のお引越しを始めました。こちら、和風ファンタジーです。本来は、「山神の花嫁」という現代の話がありまして、そちらに出てきた設定の昔話です。現代の話は、大幅改稿をしたいので、そちらをしたら、ここに載せようと思っています。奇跡の刻の第3弾、「煉獄の恋」についても近々アップ予定ですが、こちらもいろいろ手直ししたいので、待っててくださいね。せっかく自サイトへ...全文を読む

PageTop▲

誤字修正_5月5日

雑記

2013.05.05 (Sun)

 こんばんは。誤字報告、ありがとうございます。よく間違っているなあと反省しかりです。ご指摘いただいたところは直しました。主語が違っているとえっ?って思いますよね。本当にすみません。こうやって教えていただけて、本当に助かっています。ありがとうございました。また、コメもありがとうございます。やっぱり、コメントいただけると嬉しいですね。「山神の花嫁_昔話」の移植も始めたら、こちらも喜んでいただけて、ありが...全文を読む

PageTop▲

神無月(4)

神無月

2013.05.06 (Mon)

 この腕が翡翠様だったらいいのに。ぼんやりとする頭の片隅でそんなことを思ったが、いまだ泉の意識は手の中の水晶にある。見たくない。他の人に笑いかける翡翠は見たくないと思う。しかし、それでもなおこの目に翡翠様を映していたい。会いたい。……会いたい。…………会いたい。泉は意を決して身体を起こした。竜胆は引き止めなかったが、抱き締める腕の力は緩まない。泉は両手を持ち上げた。また視線を水晶に戻す。一度、意識が削がれ...全文を読む

PageTop▲

神無月(5)

神無月

2013.05.06 (Mon)

 「いやあぁぁ……翡翠様っ!!」泉が叫んだ。力の限りに。泉の涼やかな声が、翡翠の名を紡ぎだす。それはいつも泉が翡翠を呼ぶのとは違う音。耳ではなく心に刻まれる音色……。ごおうぅっすさまじい風が部屋の中を渦巻いた。ぴしぴしと何かが割れる音が続く。泉の上の竜胆は泉をかばうように身を低く伏せた。泉も瞳をあけていられない。風に泉の黒髪が散る。「泉っ!」風が収まると同時に、今、一番聞きたかった男の声がした。腕が抜け...全文を読む

PageTop▲

神無月(6)

神無月

2013.05.06 (Mon)

 翡翠が白の君の肩を抱いていた。ぎくりと泉の身体がこわばった。さっき見た場面。そして、もう二度と見たくない場面。「目を逸らさずちゃんと見ろ」思わず顔を背けそうになった泉に翡翠の声が突き刺さる。泉は水晶を見た。『どう?私の方が華奢でしょう?』今度は音が聞こえる。鈴を転がしたような綺麗な声で、白の君が言葉を紡ぐ。腕にしなだれかかっているのもさっきと同じだ。『泉の方が華奢だな』にっこり笑って、翡翠が言う。...全文を読む

PageTop▲

神無月(7)

神無月

2013.05.06 (Mon)

 濡れた熱い粘膜に包まれて、泉は足の先まで身体をこわばらせた。泉自身を翡翠に咥えられて、舐め上げられるともう何も考えられなくなった。竜胆が見つめているかもしれないことすらどうでもよくなり、身体が熱くて、溶けて無くなってしまうような、翡翠に全てを埋めてもらいたいような切なさが押し寄せてくる。ひっきりなしに艶めかしい声が上がり、まるで全てが自分でないようだ。それでも、翡翠を感じたくて、自分より高い体温で...全文を読む

PageTop▲

神無月(8)

神無月

2013.05.06 (Mon)

 ゆっくりと髪を梳く指の感触。節ばって長い指が髪を滑って行く。その感触が気持ちが良くて、夢見心地で泉はゆっくり瞳をあける。すっかり見慣れた、それでも慣れない小麦色の肌が見えた。厚い胸板は呼吸に合わせてゆっくり上下し、力強い鼓動を頬で感じた。翡翠の胸に頭を乗せて、自分が微睡んでいたことに泉は気付く。何度か瞬くと「目が覚めたか?」と低く甘い声が、頭上と押し付けた頬から聞こえた。まだ、眠りにたゆとうていて...全文を読む

PageTop▲

エピローグ

神無月

2013.05.06 (Mon)

 湯呑を盆に乗せ、泉は廊下を行く。その口元に微笑みをたたえて。廊下に盆を置き、からりと襖をあける。「翡翠様、お茶をお持ちしました」「ああ。ありがとう」自室で書物を読んでいた翡翠は顔を上げ、眩しそうに瞳を眇めた。「お前もこっちに来い」呼ばれて、泉は翡翠に茶を渡すと翡翠の隣に座る。「違う」膝を叩いて、翡翠がにっと笑った。「翡翠様……」泉は頬から耳から首筋まで真っ赤になって翡翠を睨む。「嫌?」ふるふる首を横...全文を読む

PageTop▲

旅路

地上編

2013.05.06 (Mon)

 ぱちぱちと火の爆ぜる音が夜の静寂(しじま)を縫っていた。今宵は月の明るい晩で、さびれた旧道が灰色にくすんだ平原を横切っているのがぼんやりとわかる。膝を抱えながらキリスエールは、オレンジ色の火を見つめていた。風に炎が揺れ、ぱちりと音が立ち、ふわりと灰が舞い上がる。旅を初めて、15日ほど経過していた。細い月がすっかり丸くなるくらいの月日、キリスエールの故郷から旅立った3人は、パラドース国を出て、隣国トド...全文を読む

PageTop▲

旅路(2)

地上編

2013.05.06 (Mon)

 旧街道からかなり外れた森の入口。間隔をあけて立ち並ぶ木々の一つに腕を組んで、幹に背を預けて、タミルは立っていた。月明かりが木々の間から下生えの草を淡く照らしている。「説明を求めてもいいですよね、隊長」タミルと対峙する形で、立っている男にタミルはちらりと視線を投げた。茶色の長い髪を一つにくくって後ろに流している。黒軍副隊長ルシードだ。「その地位は捨てた」きっぱりと告げられた言葉に苦しげに瞳を眇めたル...全文を読む

PageTop▲

旅路(3)

地上編

2013.05.06 (Mon)

 近づく気配にレイラースは顔をあげた。濃い闇のなか、さらに黒い闇の塊が近づいてくる。たき火の光が届く範囲に影が入ると眉間にしわを寄せたタミルが見えた。苛立たしいような気配を纏って、それでもゆっくりと歩いてくる。レイラースはタミルの顔を見上げたまま視線で「どうだった?」と聞いてやるとタミルはため息を一つこぼして、首を横に振って、どさっと地面に座った。「キリスエールは?」「よく眠っている。さすがに疲れが...全文を読む

PageTop▲

前月     2013年05月       翌月

Menu

プロフィール

水梨 なみ

Author:水梨 なみ
こんにちは。
水梨なみ(みずなし なみ)です。
BL大好きな物書きです。
いろいろ書き溜めたので、ここにアップしていくことにしました。
メンズラブ、ボーイズラブで、現代もの、ファンタジーといろいろです。
全て性描写を含みますので、そういうのが苦手な方、18歳未満の方は回れ右でお願いします。
それでもOK。大好物というかたはぜひ、水梨ワールドをを楽しんでいってくださると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

最新記事

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。