FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2013 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 06

【  2013年05月  】 

冬の月影(9)

冬の月影

2013.05.14 (Tue)

 扉は軋むこともなく、滑らかに左右に開く。ここに入るのはいつ以来だろうと翡翠は思う。中は全く変わっていなかった。柔らかい月の光が大きくとった窓から入り込み、扉の向こうの広間に降り注いでいた。建物に人の気配はない。掃除だけは人型にさせているせいで、塵一つない広間は何百年も封鎖しているとは思えない。翡翠の胸の奥にちりりと痛みが走った。しかし、それは思っていたほどではなく、思い出という名のほろ苦い痛みだ。...全文を読む

PageTop▲

冬の月影(10)

冬の月影

2013.05.14 (Tue)

 「……やぁっ……ああっ……」翡翠の雄芯で身体を貫かれ、泉は甘やかな悲鳴を上げる。月の光がぼんやりと照らす室内に荒い息と濡れた音が響く。言い訳を聞いてやると言った翡翠は腕に泉を抱えたまま部屋に戻るや、泉を抱いた。「……んっ……はぁ……んっ……ひすい……さま……」切れ切れに掠れる泉の声が翡翠を呼ぶとさらに奥まで抉られた。「あぁぁっ……」「様はいらない。翡翠って呼べ」今夜の翡翠はずっとそう言いながら、泉を喰らう。いつもなら...全文を読む

PageTop▲

エピローグ

冬の月影

2013.05.14 (Tue)

 身体を抱きとめられたまま、泉は荒い息をつく。抱き締めている翡翠の肌も汗で濡れていて、胸に押し付けた耳から強く早い鼓動が聞こえた。果ててもなお繋がったまま二人は抱き締め合ったまま動かない。月明かりに褐色の翡翠の肌が光ってきれいだと泉はぼんやり思っていた。「お前はどこにも行くな」長い沈黙のあと、翡翠が呟いた。泉は胸に抱かれたまま頷く。「ずっとお側に」血の契約。離れる時は命を置いて行けと翡翠は言った。で...全文を読む

PageTop▲

暑いですね

雑記

2013.05.14 (Tue)

 こんばんは。なんだか、急に暑くなりましたね。GWがいまいち寒くて、衣替えできないままなので、着ていくものがなーい!状況です。もうセーターって感じじゃないし、でも、半袖だしてないし。今日なんて、スーツだったから、昼間は汗だく(-_-;)気温差激しくて、身体がちょっとつらいです。今夜も冬の月影をアップしました。やっと移動完了です。次は、奇跡の刻の第3弾、煉獄の恋を移動したいんだけど、これは書き直しが必要だしな...全文を読む

PageTop▲

前月     2013年05月       翌月

Menu

プロフィール

水梨 なみ

Author:水梨 なみ
こんにちは。
水梨なみ(みずなし なみ)です。
BL大好きな物書きです。
いろいろ書き溜めたので、ここにアップしていくことにしました。
メンズラブ、ボーイズラブで、現代もの、ファンタジーといろいろです。
全て性描写を含みますので、そういうのが苦手な方、18歳未満の方は回れ右でお願いします。
それでもOK。大好物というかたはぜひ、水梨ワールドをを楽しんでいってくださると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

最新記事

最新トラックバック