FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2013 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 06

【  2013年05月  】 

告白の向こうへ(3)

告白の向こうへ

2013.05.16 (Thu)

 同じ会社で部署も同じときては律人を避け続けることは不可能だろうと、重い気分と寝不足で痛む頭を抱えながら、実生は会社の最寄り駅の改札をくぐる。「おはよう」右肩の後ろから声をかけられて、振り返ると、いま一番会いたくない人間が微笑みを浮かべながら立っていた。「おはよう」声が若干、不機嫌になるが仕方がない。無視しなかった自分を褒めてやりたいくらいだ。ちらりと視線を投げると、律人は昨夜のことなんて何もなかっ...全文を読む

PageTop▲

告白の向こうへ(4)

告白の向こうへ

2013.05.16 (Thu)

 悩みは深くなる一方だ。律人のキスも告白も冗談だと片付けて、自分の中で釈然としないまでも解決を見ているが、高宮にあれだけ近寄られて何も感じなかったことに実生はかなり傷ついていた。……美人というよりは可愛い子のほうが好みなのかな。自分のことなのに、よくわからない。好きな女の子を思い浮かべようとしても誰の顔も浮かばないのだ。朝っぱらから大きなため息をつくと呼び鈴が電子音をたて、それを遮った。階下から、「は...全文を読む

PageTop▲

クアール ロト

地上編

2013.05.16 (Thu)

 「くっ……いやっ……もう……」昏い閨に甘い喘ぎが舞った。「赦して……もう……やっ……」黒いカーテンで閉め切られた部屋に、紫煙が甘ったるい匂いをまき散らしながら上っている。そのせいで、部屋の中が微かに霞んでいるほどだ。部屋の真ん中にしつらえられた大きなベッドの上で、白い裸体が淫らに蠢いていた。「うぐっ……」のけぞった喉元がぼんやりした明かりに白く浮かび上がる。「お願い……」過剰な快楽に酔わされた身体が、びくびくと痙...全文を読む

PageTop▲

逃亡の旅(1)

地上編

2013.05.16 (Thu)

 暗闇を引き裂くような火の明かりが地面でゆらりと揺れた。街道脇の小高い丘の上でキリスエールはたき火をみつめる。暖かい空気が火から漂い、キリスエールは手を火にかざした。「どうした?キリスエール寒い?」隣に座すレイラースに問いかけられて、キリスエールは首を横に振った。寒さは感じない。だが、火の温かさが無性に心地よく感じられただけだ。レイラースから伸びてきた腕からキリスエールは身を躱す。「キリスエール……?...全文を読む

PageTop▲

逃亡の旅(2)

地上編

2013.05.16 (Thu)

 旅は続く。できるだけ人のいない街道を選んで進み、進路は北西にとった。あまり北に近づくとクアール信仰の圏内に入って厄介だという彼らの見解からだ。だが、南に下れば、再度パラドースを通らなければならない。それを避けるために、北西へ進み、大陸の端へ出ることにした。大陸の端には海と呼ばれる湖より大きな水たまりがあるらしい。パラドースは山に囲まれた内陸の国だったから、キリスエールは海を見たことはなかった。湖よ...全文を読む

PageTop▲

前月     2013年05月       翌月

Menu

プロフィール

水梨 なみ

Author:水梨 なみ
こんにちは。
水梨なみ(みずなし なみ)です。
BL大好きな物書きです。
いろいろ書き溜めたので、ここにアップしていくことにしました。
メンズラブ、ボーイズラブで、現代もの、ファンタジーといろいろです。
全て性描写を含みますので、そういうのが苦手な方、18歳未満の方は回れ右でお願いします。
それでもOK。大好物というかたはぜひ、水梨ワールドをを楽しんでいってくださると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

最新記事

最新トラックバック