FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2013 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312014 01

【  2013年12月  】 

第8章 約束(1)

煉獄の恋

2013.12.29 (Sun)

 薄暗い店内にジャズの快いリズムが波のように響いている。会話を邪魔しない程度の音量が耳に心地いい。閉店まであと1時間くらいだから、店内もさほど混んではいない。平日の夜はこんなものだ。カウンターで聖はグラスを磨いていた。グラス磨きは基本だと田畑が常々言っており、新人は田畑が合格点をだすまで、グラスを磨くのがしきたりだ。特に客の少ないすきま時間は、練習の格好の時だった。聖は磨くと透明度を増すグラスを一心...全文を読む

PageTop▲

第8章 約束(2)

煉獄の恋

2013.12.29 (Sun)

 神栖が現れてから、すっかり動揺してしまったらしい聖は散々だった。集中しろと自分にいいきかせているようだったが、それすらも功を奏さず、何をやっても上の空だった。今もこうしてマンションまでの道を一緒に歩いているが、聖は心ここにあらずだ。本人は絶対にわかっていないし、認めないだろうが、いまの聖の顔は見ている方が辛い。ちらりと横を歩く聖を見て、岸は小さくため息をついた。あの男と顔をあわしただけで、これだ。...全文を読む

PageTop▲

第9章 心の在り処(1)

煉獄の恋

2013.12.29 (Sun)

 次の日も3時限目の授業が終わり、岸とバイトへと向かう。時間はまだ早いが、バイト先の近くでともに時間をつぶそうと大学を出た。「高郡くん」正門をくぐったところで、名前を呼ばれた。「吉井さん」声を掛けられた方を見て、あまりに予想外の人がいて聖は軽く目を瞠る。そこには、ダークグレーのスーツをきちんと着こなしたの吉井が立っていた。平日のまだ午後も早い時間で、吉井は仕事中ではないんだろうかと聖はいぶかしんだ。...全文を読む

PageTop▲

前月     2013年12月       翌月

Menu

プロフィール

水梨 なみ

Author:水梨 なみ
こんにちは。
水梨なみ(みずなし なみ)です。
BL大好きな物書きです。
いろいろ書き溜めたので、ここにアップしていくことにしました。
メンズラブ、ボーイズラブで、現代もの、ファンタジーといろいろです。
全て性描写を含みますので、そういうのが苦手な方、18歳未満の方は回れ右でお願いします。
それでもOK。大好物というかたはぜひ、水梨ワールドをを楽しんでいってくださると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

最新記事

最新トラックバック