更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2014 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312014 09

【  2014年08月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

PageTop▲

1

夏の恋

2014.08.02 (Sat)

 太陽が真上から照りつける。真っ青な空には雲一つない。日光が辺り一面を焦がすように照らしていた。普段、日に当たらない肌がじりじりと焼かれていくようだ。水着の上にTシャツを着ただけの格好なのに、暑い。こめかみを流れる汗を美玖は腕で拭った。海から渡る風が汗ばんだ肌を通り抜けていく。春よりも少し伸びた後ろ髪が揺れた。「美玖」船の舳先の方の甲板に立って、大型ボートが波をかき分けるたびにたつ白い泡を見ていた美...全文を読む

PageTop▲

2

夏の恋

2014.08.02 (Sat)

 ちゃぷんと波が船体にあたり音を立てた。釣糸を垂れる一條の肩に頭を凭れて、美玖は海面に溶けるように沈んでいく真っ赤な太陽を見ていた。静かな時間が流れていく。身体は疲れて重かったが、触れ合ったところから感じる体温に安心する。小さく息を吐いたら、一條が視線をこちらに向けるから、美玖は小さく笑い返した。結局、あの後、事が終わってしがみついていたら、もう一回抱かれて、外へ出てきたころには、日は西へと傾いてい...全文を読む

PageTop▲

3

夏の恋

2014.08.02 (Sat)

 一條隼也は有言実行の男だった。美玖がもうできないとすすり泣くまで、その夜は抱かれ、本当に側から離れない。一緒にご飯を作って、泳ぐときも抱きしめたままで、お風呂だって、シャワーだって、全部一緒に入った。たった2日のことなのに、会って外食してホテルで抱き合うだけではわからないことをずいぶん美玖は知った。食料調達と言ったように、一條は仕掛けと呼ばれる方法で、美玖と鯛を釣っている間に、7匹ものアジを釣って...全文を読む

PageTop▲

4

夏の恋

2014.08.02 (Sat)

 「んっ。ああぁっ……」下から突き上げるように腰を入れられて、美玖は背をしならせた。一條にまたがる格好で、中をかき回す欲望に煽られる。美玖を貫く体温は熱くて、硬くて、やわらかく押し返す美玖を抉るように翻弄する。「あっ。そこ、だめっ」腰が揺れて、声が抑えられない。美玖自身も立ち上がり、ふるふるとその身を震わせ、蜜を滴らせている。不安なくらい感じて、乱れておかしくなりそうだ。早くはなってしまいたいのに、す...全文を読む

PageTop▲

お待たせしました(-_-;)

雑記

2014.08.02 (Sat)

 こんにちは。8月ですね。夏本番です。予告をしておきながら、10日もかかってしまいました。自分を追い込めば、早く書きあがるんじゃと思っていましたが、甘かった_(_^_)_着地点がなかなか見いだせず、かなり苦労しました。やっとお届けできてほっとしております。ただし・・・・・・いちゃこら話になってしまいました。すみません。テーマは甘やかしだったんですけどね。相変わらず、美玖が引っ込み系で、積極性があるんだかな...全文を読む

PageTop▲

前月     2014年08月       翌月

Menu

プロフィール

水梨 なみ

Author:水梨 なみ
こんにちは。
水梨なみ(みずなし なみ)です。
BL大好きな物書きです。
いろいろ書き溜めたので、ここにアップしていくことにしました。
メンズラブ、ボーイズラブで、現代もの、ファンタジーといろいろです。
全て性描写を含みますので、そういうのが苦手な方、18歳未満の方は回れ右でお願いします。
それでもOK。大好物というかたはぜひ、水梨ワールドをを楽しんでいってくださると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

最新記事

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。