スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←最終決戦(3) →勝利
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png はじめに
もくじ  3kaku_s_L.png リンク集
もくじ  3kaku_s_L.png Novel lists
もくじ  3kaku_s_L.png 奇跡の刻
もくじ  3kaku_s_L.png 平行線の恋
もくじ  3kaku_s_L.png 煉獄の恋
総もくじ  3kaku_s_L.png 天空国の守護者
総もくじ  3kaku_s_L.png 巡る季節と恋の順番
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
総もくじ  3kaku_s_L.png 山神の花嫁_昔話
もくじ  3kaku_s_L.png 告白の向こうへ
もくじ  3kaku_s_L.png 空の月を恋う
総もくじ  3kaku_s_L.png おまけ番外編ショート
もくじ  3kaku_s_L.png 遠回りの片恋
もくじ  3kaku_s_L.png 腕の中の迷い猫
総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い闇の化身
  • 【最終決戦(3)】へ
  • 【勝利】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

この宇宙(そら)の果てまでも

最終決戦(4)

 ←最終決戦(3) →勝利
バシュ
四本の手のうちの一本が盾のような場を作り、タキの力を跳ね飛ばす。
タキはそのままの勢いで相手の近くまで突進し、右拳を突き出した。身体の大きさに見合わない速さで、怪物は後ろへ跳んで避ける。
「残念だよ。タキ。それが君の答えか。ガラン。あいつを排除しろ」
ちっとも残念そうでない口調で告げるリトランの声に、目の前の怪物、ガランが反応した。
もっていた剣を高速で薙ぐ。
凄い風圧が押し寄せる。タキは左腕を払って、それを相殺した。ガランはタキに向かって走りよる。動きの速さにタキは少し眉を上げた。形からは想像できないほど、動きが早い。大きさとバランスの割にいったほうが正しいか。
剣をもたない手がタキを掴もうと腕を伸ばし、剣を持つ手はさらにタキの首を薙ぐ。
小さく後ろに跳びながら、タキはそれをことごとく躱した。これでも軍人だ。
体術も身についている。
相手の攻撃を右に左によけながら、タキも拳を足を繰り出すが、相手も小さい動作でことごとく躱し、当たっても掠る程度だ。
ちっと小さく舌打ちする。通常モードではらちが明かないらしい。
力の量を上げていく。
自分につけているリミッターはいくつあっただろうか。全部を解放したことがないからどうなるかも自分でもわからない。
さきほど、怒りに我を忘れても、外したのはいくつかだけだった。さすがに星を破壊するほど狂ってはいなかったということか。
右手を払うと電気が走った。避けても身体は電気伝導率が空気より高い。引き寄せられるようにガランの腕に当たった。ガランは身体を跳ねさせたが、痛みは感じないらしい。焦げ付くようなにおいがして、だらりと腕が下がる。だが、まだ、あと三本。
なんでもなかったかのように向かってくる。
タキは壁を蹴って、飛び上がると相手の背後に回った。手を前に差し出して気を込める。
空気圧が増して、ガランの背を打ち、そのまま、前のめりに突き飛ばす。
手が地面を捉えて、その反転し、ガランは向きを変えて立ち上がる。
図体の割にかなり機敏に動くことにタキはイラついた。集中して長時間戦うのにタキは向いていない。疲れてくると力の加減が難しくなるのだ。
だが、あまり力を放出するとシロタたちまで巻き込んでしまうだろう。
「めんどくさ」
呟いて、突進し、回し蹴る。がっと踵が相手の腹に入った。またもやガランが後ろ向きにふっとぶ。
だが、痛みを感じない相手はすぐに立ち上がり、また向かってくる。
「そういや、こいつ力を使わない」
右左と攻撃をかわしながらもタキは相手が力を使っていないことに気付いた。ただただ、殴りつけるか、剣で切り付けるだけだ。
それも腕を一つ失ってからは、バランスがとりにくいのか避け方が雑になっている。
「焼いてしまうか」
攻撃を避けて、後ろに大きく飛び退るとタキは全身に力をためはじめる。これがあたればあっという間に黒焦げだ。
「ガラン、やれ」
力をためきって後は相手に投げるだけというときに、地面がタキの足を引っ張った。
「な、なに?」
重力が増し、身体が地面に向かってどんどん引かれる。
「荷重増加か」
立っていられなくなって、タキは膝をつく。力が霧散した。
「くっ」
どんどん身体にかかる重力が強くなる。床についた両腕が震えた。後ろでシロタが悲鳴を上げるのが聞こえた。
「どうだ?投降しろ、タキ。そうすれば許してやる」
「だれが」
食いしばりながらはいた言葉はくぐもる。
「だが、そのままだと身体がぺしゃんこになるぞ」
すでにかかっている荷重は一トンを超えているだろう。常人ならすでにつぶれている。骨のきしむ音が体内から聞こえて、タキは眉間に皺を寄せた。
まずいなと思う。だが、同時にどうでもいいような気もしていた。カノンはすでに安全なところにいるし、自分が頑張らなくても問題はない。それに、ここで頑張って、力加減を誤って、都市一つでも吹っ飛ばしてしまえば、終わった後に軍法会議で始末されるだけだ。結末は変わらない。
自分が倒れても、この化け物は、連合軍の誰かが始末するだろう。
一番大事なカノンが安全圏にいるのだし、もういいかな。
「めんどうだしな」
呟きが届いたのか。
『タキっ』
怒りに震えているだろうカノンが脳裏に浮かぶのに、なぜカノンの声が泣きそうにすら聞こえる。
『だめです。マテリアーニ少尉!』
インカムがノイズをまき散らす。
『ここから跳んだら、ESPシールドにあたって木端微塵です』
『離せっ』
叫ぶカノンの声に、タキの様子に飛び出していこうとするカノンをその場にいる連合の兵士が必死に抑えているらしい。
耳元でがなり立てる声の不穏さにタキは眉を寄せた。
無茶をするな。せっかく脱出したのに戻ってくることなんかない。
『行かせません』
『離せ。タキっ!!』
「やめろ、カノン」
揉めている声にタキは焦りを感じる。
このままだと本当にカノンは力で跳んできそうだ。
「おまえが来てもどうにもならない」
『うるさい。許さないんだからな。一人だけなんて絶対に許さない』
強く言い放たれた言葉にタキは目を瞠り、さらに自嘲した。
人使い荒いよな。手を抜くのは許されないってことか。
それにここであきらめたらせっかく助かったカノンが無茶をする……。
小さくため息をつく。
「カノン。約束忘れてないよな」
そう、この任務が終わったら、この腕にあいつを抱くんだ。
そのくらいの褒美がなければやってられない。ついでに、あまりに思いつめているようなカノンの気をそらしてやりたい気もあった。
『……バカ』
小さな声が返って、タキは笑う。ぐっと両足に力を込めた。腕の力も使って反動をつけて身体を起こす。
「な、なんだと」
ふらりと立ち上がったタキに、ルカトとリトランが驚愕の声を上げた。
「ガラン、もっとだ。焔も出せ」
慌てふためく声に、タキはさらに笑みを深くする。
「カノン、シールド強化しろ。ちょっち、加減がきかねえ」
『了解』
体内に力をためだしたタキにカノンが素早く応答した。それに頷きを一つ返し、タキは手の中にガラスの槍のような透明なものを出現させた。
目の前のガランから放たれる力がさらに増して、タキにかかる圧力が増加する。地面ががこんと大きな音を立てて窪んだ。それと同時に唸り声を上げて、炎が迫る。
「うおおおお」
大声を上げて、タキは手にしたガラスの槍を振った。風圧で空気が渦を巻き、目の前まで来た焔がくるくると渦上に上昇する。
まるでリボンのように焔の帯がタキの槍にまとわりついた。
「なんだとっ」
焔はさらに温度を上げ、赤から青、そして白へと色を変える。
タキは思い切り、その槍を天井に向かって投げた。焔の帯を巻きつかせたガラスの槍は天井すれすれまで上がって、さらに焔の勢いを増すとまっすぐにガランに向かって突進する。
「避けろ、ガラン」
ルカトの命令にガランが後ろへ跳躍したが、槍はガランを追尾するように、空中でくるりと一回転するとそのまま、ガランへと突っ込んだ。
激しい爆発が起きる。
爆風と焔が廊下に満ち、一瞬、視界が赤く染まった。タキは炎を纏わせながら、その中に立ち尽くす。
「すげえ」
トランの野太い声が掠れて聞こえた。シールドがなければ、建物など原型をとどめていないだろうくらいの爆発と爆炎だった。
タキは右手を振ると、炎は一気にかき消えた。空気を遮断したのだ。
ガランの立っていた後には何も残らなかった。白い灰が散らばるだけだ。
タキは何事もなかったかのように歩き出す。目指すはメインコンピューターだ。扉を潜り抜けると銃弾が降り注ぐ。ガランが使ったのと同じ重力を変化させる力で、弾道を変えた。いくつかが髪を焼いたがそれも気にしない。まっすぐにコンピューターまで歩み寄るとそれに手をかける。銃弾が止んだ。ESPシールドの存在を感じ、タキは小さく舌打ちをする。
「シールドは破れない。おまえの力ではそれは壊せない」
リトランの勝ち誇ったような声にタキは喉の奥で笑った。
「確かにな。このシールドはなかなか厄介だ。それは認める」
ちらりとタキは視線を右後ろ上部に流す。そこにはコントロールルームにいるルカトとリトランがいた。
メインコンピュータールームを取り囲む上部に設置された部屋だ。
強化ガラスとESPシールドで護られた最後の砦。
「そうだろう。それがある限り、おまえは俺たちに手が出せない」
勝ち誇ったような声に、タキは口端をバカにしたように上げた。
「俺は扉を通り抜けた。ESPにしか反応しないフィールドに物理的な干渉は無効ということだ。ついでに俺は今、丸腰じゃねえ」
「なに?!」
かざした手のひらの中に小さな箱があった。タキはそれを3つ、コンピューターの側面に取り付けた。
「10、9……3、2、1」
カウントダウンしながら、廊下まで走り出、さらにトランたちのいるところまで一気に辿りつく。
爆音が廊下に響き渡り、壁も天井も震わせた。
「やったな。タキ」
滑り込んだタキが爆風を流すためのシールドを張り、トランとハイタッチをした。
小型プラスチック爆弾。
さきほど、トランと合流した際に受け取った武器だった。
「すごい、タキ」
シロタが抱きつくように胸に飛び込んできて、タキはそれを抱きとめた。胸に頬ずりされて、タキは小さく笑う。
「これで終わりだ」
シロタを抱きとめたままタキが叫べば、唸るような声がコントロールルームから響いた。
さすが強化ガラスだけあって、リトランたちは無事らしい。
『ESPシールド全面解除』
カノンの冷静な声とかぶるように慌てた声が響いた。
「な、なんだ、おまえたちは」
「連合軍特殊部隊B班。お前たちの身柄をテロの容疑で拘束する」
キースの声が追って聞こえ、タキは物陰から身を出した。キースの部隊が、コントロールルームに跳躍し、そこにいた人間の身柄を拘束していた。
タキがカノンに伝えた言葉
「キース隊長に連絡して、コンピューターを止めたタイミングでとびこむように伝えろ」
は、きちんと果たされたようだ。
ほっとするもぎしぎしと異音が足元から天井から聞こえる。すでに周りは倒壊して、原型をとどめていない。タキがとっさにかけたシールド範囲だけが無傷だ。
「ここもヤバい。仲間に伝達しろ。ずらかるって」
タキの言葉にトランが豪快に笑った。
関連記事


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png はじめに
もくじ  3kaku_s_L.png リンク集
もくじ  3kaku_s_L.png Novel lists
もくじ  3kaku_s_L.png 奇跡の刻
もくじ  3kaku_s_L.png 平行線の恋
もくじ  3kaku_s_L.png 煉獄の恋
総もくじ  3kaku_s_L.png 天空国の守護者
総もくじ  3kaku_s_L.png 巡る季節と恋の順番
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
総もくじ  3kaku_s_L.png 山神の花嫁_昔話
もくじ  3kaku_s_L.png 告白の向こうへ
もくじ  3kaku_s_L.png 空の月を恋う
総もくじ  3kaku_s_L.png おまけ番外編ショート
もくじ  3kaku_s_L.png 遠回りの片恋
もくじ  3kaku_s_L.png 腕の中の迷い猫
総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼い闇の化身
  • 【最終決戦(3)】へ
  • 【勝利】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【最終決戦(3)】へ
  • 【勝利】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。